東京朝鮮高校生の裁判を支援する会 第4回総会&中村一成さん講演会のお知らせ

東京朝鮮高校生の裁判を支援する会
第4回総会&中村一成さん講演会のお知らせ

A4たて_表面 [更新済み]

 朝鮮学校を「高校無償化」制度から完全に排除することのみを目的とする省令「改正」が行われて、はや4年が過ぎようとしています。現在、東京をはじめ全国5か所で裁判が係争中ですが、原告として立ち上がった200人を超える当時の生徒たちをはじめ、制度が始まった2010年以降、毎年500人以上の生徒がこの制度の適用を受けないまま卒業することを余儀なくされてきました。

 今年は東京をはじめ、いくつかの 地域で地裁判決が出る重要な年となります(大阪で並行して行われている「補助金」裁判は2017年1月26日が判決日)。年に一度の総会に、多くの方々にお集まりいただき、裁判支援の輪をさらに拡げていければとおもいます(会員以外の方でも、総会を傍聴していただくことは可能です)。

 なお、第二部の講演会には多くの方にご参加いただき、朝鮮学校を取り巻く現状に対する認識を共有し、今後の課題について共に考える場としたく、京都の朝鮮学校襲撃事件に関する取材をはじめ多くの優れたルポルタージュを書かれている中村一成さんをお呼びすることとなりました。

 なお、この集会は「私たちの願い・朝鮮学校生に笑顔を!全国行動月間」の一環として取り組まれます。皆さま、ぜひ、ご参加ください!
(*取り組みの詳細については、本記事の後半部分をご参照ください。)

日時:2017年2月25日(土)

開場:13時15分
 第一部・総会:13時30分〜14時
 第二部・講演会:14時30分〜16時30分

場所:文京区民センター 2-A会議室
(東京都文京区本郷4‐15‐14)
都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、
東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分
東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15分
http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754

第二部・講演会の内容

演 題:「ジャーナリストから見た朝鮮学校裁判」
講 師: 中村一成さん(フリーライター)


1969年大阪府生まれ。新聞記者を経てフリー。在日朝鮮人や移住労働者、難民を取り巻く問題等が主なテーマ。著書に『ルポ 思想としての朝鮮籍』(岩波書店2017年)『ルポ 京都朝鮮学校襲撃事件――〈ヘイトクライム〉に抗して』(岩波書店、2014年)、『声を刻む 在日無年金訴訟をめぐる人々』(インパクト出版会、2005年)など。

参加費:500円

主催:東京朝鮮高校生の裁判を支援する会
連絡先:mushokashien@yahoo.co.jp
TEL:080−3930−4971 FAX:03−3819ー0467
支援する会ブログ:http://mushokashien.blog.fc2.com

A4たて_裏面 [更新済み]


***************

「私たちの願い・朝鮮学校生に笑顔を!全国行動月間」について


 「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会や、東京朝鮮高校生の裁判を支援する会でも参加している「朝鮮学園を支援する全国ネットワーク」からの呼びかけで、

私たちの願い・朝鮮学校生に笑顔を!全国行動月間
―高校無償化裁判勝利・補助金カット反対―

が、2017年1月26日から2月末日にかけての期間、開催されることになりました。

*朝鮮学園を支援する全国ネットワーク フェイスブックページ
https://www.facebook.com/chosungakuen

 各地の「無償化」裁判も地裁判決が近づいていますが、補助金問題などで朝鮮学校への差別は深刻さを増しています。
 こんな時こそ、世論に訴える集会や街頭、駅頭でのアピールなど、様々な形や規模の取り組みを全国各地で展開しようという呼びかけです。
 また、取り組みの情報を集約をして、公表する予定です。

 第一次集約は2017年1月10日となっていますが、これを過ぎた場合でも遠慮なくご連絡ください。
 ぜひ取り組みを計画して、ご参加ください。

● 問い合わせ先:朝鮮学園を支援する全国ネットワーク事務局(フォーラム平和・人権・環境)

TEL:03-5289-8222
メール:park@gensuikin.org

**お知らせいただきたい項目**
・地域・団体名
・行動名
・形式(集会/講演会/街頭演説/デモ/その他)
・日時
・場所
・参加者数(予想)

*情報集約先
FAX:03-5289-8223
メール:park@gensuikin.org




logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

東京朝鮮高校生「無償化」裁判支援集会「『高校無償化』からの朝鮮学校除外、何がおかしいかー法律専門家の立場から」

東京朝鮮高校生「無償化」裁判支援集会
『高校無償化』からの朝鮮学校除外、何がおかしいかー法律専門家の立場から


adachi_201600831.jpg


 すべての高校生の学びを保障するための制度である「高校無償化」は2010年に始まりました(現在は高等学校等就学支援金制度)。

 しかし、そこから排除され続けている高校生たちがいます。
 日本各地に存在する朝鮮高校の生徒たちです。

 差別された状態は6年間に及び、その間、朝鮮高校で学んだすべての生徒たちが「高校無償化」を受けられないまま卒業していきました。今も朝鮮高校で学ぶ生徒たちが、被害をこうむっています。

 このような国の差別に対して、大阪、愛知、広島、福岡、東京の5ヶ所で、生徒や学校が原告となった裁判闘争が起こされています。

 わたしたちは今回、
  「朝鮮学校の排除が日本社会においてどのような意味を持っているのか」
  「朝鮮高校を「無償化」することの積極的意義とはなにか」
 を明らかにするための集会を開催します。

 講師には、東京朝鮮高校生の裁判に意見書を提出された安達和志さんをお招きし、ご専門である行政法と教育法の角度からお話しいただきます。

 ぜひご参加ください。

日 時 2016年10月15日(土)14時~16時
*13時30分開場

会 場 赤羽会館 大ホール(東京都北区赤羽南1-13-1)
*JR赤羽駅東口徒歩5分(北改札口の東口をご利用ください)
http://www.city.kita.tokyo.jp/chiikishinko/kurashi/volunteer/shisetsu/akabanekaikan/

演 題『高校無償化』からの朝鮮学校除外、何がおかしいか
               ー法律専門家の立場から



講 師 安達和志さん(神奈川大学法科大学院教授)

資料代 500円


主催:東京朝鮮高校生の裁判を支援する会

mushokashien@yahoo.co.jp
TEL:080−3930−4971
http://mushokashien.blog.fc2.com



logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

朝鮮学校高校無償化全国一斉行動 朝鮮学校で学ぶ権利を!2・19文科省行動&2・20東京集会

朝鮮学校高校無償化全国一斉行動
朝鮮学校で学ぶ権利を!2・19文科省行動&2・20東京集会

220web用  220web用裏

○ 趣旨

 高校生がたたかっています。朝鮮学校が「高校無償化」から排除されて6年、東京の朝鮮高校生が「無償化」裁判を提訴してから2年が経ちました。東京都の補助金は2010年度から停止されています。いま、毎週金曜日に文部科学省前で、在日朝鮮人の大学生や高校生が「金曜行動」と呼ばれる抗議行動を続けています。「私たちは今年も、卒業して行った先輩たち同様、無念の気持ちで一杯です。『高校無償化』の重い重い荷物をまたしても後輩たちに預けて行かなければならないからです。」卒業を控えた朝鮮高校3年生の言葉です。

  高校生がたたかっています。子どもの学ぶ権利を守るのは、大人の責任ではないでしょうか。とりわけ、主権者たる日本国民こそ責任を果たさなければならないと考えます。私たちは、学生たちに続く「金曜行動」を行うとともに、安倍政権が朝鮮高校を完全に排除するための省令改定を行った2月20日に、東京集会を開催します。差別に反対するすべての人々に参加を呼びかけます。

*チラシはこちら()からどうぞ!


○ 朝鮮学校で学ぶ権利を!2・19文科省行動

日時:2016年2月19日(金)

場所:文部科学省旧庁舎前(東京メトロ線 虎ノ門駅6番出口)

・文科省要請15:00~(集合14:45)
 *代表団が省内に入ります。部屋に入りきらない人は、文科省前でアピール行動。

・文科省前「金曜行動」16: 00~17:00
 *毎週取り組まれている「金曜行動」をこの日も!
 *多くの方々とともに、文科省に向かって抗議したいと思います


○ 朝鮮学校で学ぶ権利を!2・20東京集会

日時:2016年2月20日(土)開場13:30~ 開始14:00~

場所:田町交通ビル6階ホール(港区芝浦3-2-22)

資料代:500円

プログラム:

・東京朝鮮学校生徒文化公演

・トーク&トーク「朝鮮学校とわたし」 司会:田中宏さん(たなかひろし)

 冨増四季さん(とみますしき・弁護士)「京都朝鮮学校襲撃事件裁判に関わって」
 伊藤朝日太郎さん(いとうあさひたろう・弁護士)「マンガン記念館からの出発」
 康仙華さん(かんそな・弁護士)「朝鮮学校で育った私」
 松野哲二さん(まつのてつじ・チマチョゴリ友の会)「なぜ朝鮮学校への差別問題に取り組むか」

・活動報告と行動提起


○ 主催

朝鮮学校で学ぶ権利を!東京行動実行委員会

構成団体:東京朝鮮高校生の裁判を支援する会
     朝鮮学校への公的助成を求める連絡会・東京
     「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会
     東京朝鮮学園
     東京朝鮮学校オモニ会連絡会
     東京朝鮮高校学生委員会
     朝鮮学園を支援する全国ネットワーク
     日朝学術教育交流協会
     フォーラム平和・人権・環境

○ 連絡先

   090-9804-4196(「高校無償化」連絡会)
   080-3930-4971(東京朝鮮高校生の裁判を支援する会)
   03-5289-8223(フォーラム平和・人権・環境)
   メール watasitati2004@yahoo.co.jp
   ブログ http://mushokashien.blog.fc2.com/
   FB https://www.facebook.com/tokyo.musyoukasaiban/





logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

「裁判支援で歩こう!金比羅山・ハイキング(&温泉)」のご報告

「裁判支援で歩こう!金比羅山・ハイキング(&温泉)」のご報告

DSC_0070.jpg

 さる2015年10月17日(日)に、在日朝鮮人登山協会と、「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会との共催で、「裁判支援で歩こう!金比羅山・ハイキング(&温泉)」が開催されました。

IMG_5269.jpg


 行き先は東京都あきる野市の金比羅山です。


 朝、武蔵五日市の駅を出発し、片道約2時間。山中は、ずっと霧に覆われていて、ほとんど眺望・景色を楽しむことはできませんでしたが、お昼頃には雨もやみ、次第に晴れ間が見えるようになりました。

IMG_5274.jpg

 また、帰り道では「瀬音の湯」という温泉で、ゆっくり汗を流し、足腰の疲れを癒やしました。その後の打ち上げでは、焼き鳥や地酒をおいしくいただきました。参加者一同、大満足の1日でした!


● 瀬音の湯
http://www.seotonoyu.jp

IMG_5346.jpg


 1キロ10円を目安として、東京での朝鮮学校の「無償化」をめぐる裁判の支援活動へ、参加者でカンパをしました。また、いつも以上に幅広い世代の人たちが集まり、多様な交流の機会を持つことができました。

IMG_5313.jpg


 また、金比羅山は、ベテランも初心者も気軽に楽しめる山でした。今後もできるだけ多くの方に参加していただきやすいような行き先を選んで、実施していく予定です。ぜひ次回も多くの方にご参加をいただきますよう、お願い申し上げます!(次回は2016年春頃に開催の予定です。)




*朝鮮新報の記者の方にもご参加をいただき、当日の様子について、記事にしていただきました。
http://chosonsinbo.com/jp/2015/10/sk1023-4/



logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

朝鮮学校で学ぶ権利を!!朝鮮高校生裁判支援全国統一行動 

朝鮮学校で学ぶ権利を!!朝鮮高校生裁判支援全国統一行動

 
表【修正版】全国行動入稿版20150129・文科省前抗議行動(2/20)と全国集会(2/21)に結集を!

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」が結成されてから1年、口頭弁論への傍聴行動、ニュースの発行、100万円の支援金など、多くの仲間とともに裁判支援運動を展開することができました。

 一方で、安倍政権による完全排除から2年、民主党政権時代も合わせて5年間にわたって高校生への差別が続いていることを思えば、一刻も早く、差別なき「高校無償化」を勝ち取るため、運動を広げていかなければなりません。

 2月20日(金)は文科省前の抗議行動、2月21日(土)は集会です。他にも各地で集会などが予定されています。どなたさまもふるってご参加ください!

*呼びかけ文はこちらからどうぞ!

*最新チラシはこちら(表面裏面)からどうぞ!

○ 2・20文科省行動

 文科省を包囲し、差別への抗議と怒りの声を上げます。横断幕、プラカード、のぼりなど、アピールグッズを持って文科省前にお集まりください。全国各地から、そして韓国からも代表者が参加し、文部科学省の担当者と面会する予定です。

日時:2月20日(金)16時〜17時
場所:文部科学省前
http://www.mext.go.jp/new_map/index.htm


○ 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」総会

 会員のみなさまには、年1回の総会にお集まりいただき、ともに運動を進めていきたいと考えています。会場は東京朝鮮中高級学校のホールです。この機会にぜひ、東京の朝鮮高校をご覧ください。(なお、総会には会員でない方もご参加いただけます。)

日時:2月21日(土)15時〜16時
会場:東京朝鮮中高級学校 多目的ホール
http://www.t-korean.ed.jp/about.html

*田中宏さん(東京朝鮮高校生の裁判を支援する会 共同代表)による小講演もあります!


○ 2・21全国集会

・留学同による演劇「チョゴリ」上演
・裁判をたたかう各団体代表の発言
・実行委員会参加団体からの発言
・弁護団からの発言
・ウリハッキョと子どもたちを守る市民の会からの発言ほか

日時:2月21日(土)17時30分〜19時
会場:東京朝鮮中高級学校 講堂
http://www.t-korean.ed.jp/about.html

主催:朝鮮高校生裁判支援全国統一行動実行委員会

全国朝鮮高級学校校長会/朝鮮学校全国オモニ会連絡会/全国朝鮮高級学校学生連絡会
全国朝鮮高級学校卒業生連絡会/日朝学術教育交流協会/朝鮮学園を支援する全国ネットワーク
「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会

連絡先:090-9804-4196 長谷川(「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会 代表)
watasitati2004@yahoo.co.jp




logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

朝鮮学校で学ぶ権利を!!朝鮮高校生裁判支援全国統一行動 参加の呼びかけ

朝鮮学校で学ぶ権利を!!朝鮮高校生裁判支援全国統一行動
参加の呼びかけ

 
表【修正版】全国行動入稿版20150129
・前代未聞の差別―審査中に規定を削除

 2013年2月20日、「高校無償化」法の施行規則(文科省令)が「改正」され、朝鮮学校に適用されるべき規定が削除されました。同日付で、審査の打ち切りと「高校無償化」不適用を通知する文書が、各地の朝鮮学園に送りつけられました。その「改正」は、文科省内に設けられた専門家らでつくる委員会が、朝鮮学校への「高校無償化」制度適用の可否について結論を出す前に行われました。審査中に、審査の根拠となる規定を削除してしまったのです。

 審査の途中で、審査対象から外すというのは、フィギュアスケートの競技の最中に、「あなたの出場資格は規定変更 により無くなったので中断せよ」というようなものです。まさに常識では考えられない前代未聞の暴挙を安倍内閣・文科省は断行したのです。

・朝鮮学校排除は違法

 これは当然、行政手続法違反です。また、「教育の機会均等に寄与することを目的とする」(第1条)としている「高校無償化」法にも違反します。政治的理由による恣意的な差別であり、権限の濫用以外の何物でもありません。さらに、社会権規約をはじめとする国際人権諸条約に違反しており、日本国憲法の平等原則とも相容れません。

・「朝鮮学校除外は差別」-国際社会からの批判

 2013年、国連・社会権規約委員会が日本政府に対して「高校教育授業料無償化プログラムから朝鮮学校が除外 されていることを懸念する。これは差別である。・・・・委員会は、高校教育授業料無償化プログラムが朝鮮学校に通う子どもたちにも適用されることを確保するよう、締約国に対して求める」としました。

 2014年には人種差別撤廃委員会が、「高校無償化」からの朝鮮学校の除外と地方自治体による補助金凍結・削減問題に懸念を示し、「締約国が教育機会の提供において差別がない」よう勧告しています。同委員会は、これを多岐にわたる勧告項目のなかから「特に重要な勧告」の1つ(4つのなかの1つ)に指定して、次回の日本政府報告に、勧告の実施のためにとった「具体的措置に関する詳細な情報」を盛り込むことを求めています。国際社会は、日本政府を強く批判し、具体的措置を求めています 。
韓国では「ウリハッキョと子どもたちを守る市民の会」が結成されるなど、朝鮮学校への関心が高まり、日本政府による差別への批判の声が上がっています。

・ヘイトスピーチは許されない。では、朝鮮学校排除は?

 「在日特権を許さない市民の会」(在特会)らによる京都の朝鮮学校への襲撃事件の民事裁判では、被告らの行為は人種差別撤廃条約に抵触するのみならず、「我が国で在日朝鮮人の民族教育を行う社会環境も損なわれたことなどを指摘することができる」とした大阪高裁判決に対する被告側の上告を最高裁が棄却し、高額の損害賠償が確定しました。「高校無償化」からの排除もまた「在日朝鮮人の民族教育を行う社会環境」を脅かす許しがたい差別であり、それが「お上」による暴挙である故 に、より深刻とも言えます。

・2年の節目に統一行動を!

 現在、日本各地で裁判闘争が繰り広げられています。合わせて200人を超える高校生、卒業生が自ら原告となって闘っているのです。2015年2月20日、私たちはあの忘れもしない省令改悪の日から2年を迎えます。私たちは、この日を節目に、朝鮮学校差別に反対する運動のさらなる高揚、そして裁判闘争を勝利へと導くべく、全国統一行動を提起するに至りました。多くの方々のご参集を呼びかけます。

2015年1月30日
「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会


○ 2・20文科省行動

 文科省を包囲し、差別への抗議と怒りの声を上げます。横断幕、プラカード、のぼりなど、アピールグッズを持って文科省前にお集まりください。全国各地から、そして韓国からも代表者が参加し、文部科学省の担当者と面会する予定です。

日時:2月20日(金)16時〜17時
場所:文部科学省前
http://www.mext.go.jp/new_map/index.htm


○ 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」総会

 会員のみなさまには、年1回の総会にお集まりいただき、ともに運動を進めていきたいと考えています。会場は東京朝鮮中高級学校のホールです。この機会にぜひ、東京の朝鮮高校をご覧ください。(なお、総会には会員でない方もご参加いただけます。)

日時:2月21日(土)15時〜16時
会場:東京朝鮮中高級学校 多目的ホール
http://www.t-korean.ed.jp/about.html

*田中宏さん(東京朝鮮高校生の裁判を支援する会 共同代表)による小講演もあります!


○ 2・21全国集会

・留学同による演劇「チョゴリ」上演
・裁判をたたかう各団体代表の発言
・実行委員会参加団体からの発言
・弁護団からの発言
・ウリハッキョと子どもたちを守る市民の会からの発言ほか

日時:2月21日(土)17時30分〜19時
会場:東京朝鮮中高級学校 講堂
http://www.t-korean.ed.jp/about.html

主催:朝鮮高校生裁判支援全国統一行動実行委員会

全国朝鮮高級学校校長会/朝鮮学校全国オモニ会連絡会/全国朝鮮高級学校学生連絡会
全国朝鮮高級学校卒業生連絡会/日朝学術教育交流協会/朝鮮学園を支援する全国ネットワーク
「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会

連絡先:090-9804-4196 長谷川(「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会 代表)
watasitati2004@yahoo.co.jp




logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

東京朝鮮高校生「無償化」裁判支援集会~ヘイトスピーチはダメ。でも朝鮮学校除外はいいの?~

東京朝鮮高校生「無償化」裁判支援集会
~ヘイトスピーチはダメ。でも朝鮮学校除外はいいの?~

表)1018集会ちらし案(20140824修)001
 
 まだまだ解決はしていないけど、様々な立場のカウンター・批判が出てきつつある“在日外国人”に対する「ヘイトスピーチ」。

 一方で、朝鮮学校に対する「無償化」については、政府が公的に排除を行っている現状。

 このままでいいの?もしかしたら政府による朝鮮学校の無償化“排除”が社会的差別・ヘイトスピーチを助長しているのでは・・・?

 今回は国際人権法の観点から「無償化」排除の問題点・民族教育権の位置づけ・人権に対する国際世論と日本での温度差などを中心に、支援の会共同代表の神奈川大学の阿部浩己さんにお話いただきます。

日時:2014年10月18日(土)13:30開場 14:00開始

講師:阿部浩己さん
 神奈川大学法務研究科法務専攻教授.(専門は国際法、国際人権法)
 東京朝鮮高校生の裁判を支援する会共同代表

内容:
 弁護団より裁判の解説
 当事者より発言
 阿部浩己さん講演「国際人権法から見る『高校無償化』問題」(仮)
 質疑応答

資料代:500円

会場:文京区民センター 3-A会議室
   (東京都文京区本郷4丁目15−14)
   http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_kumin_shisetsu_kumincenter.html

 *地図 http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754

 *アクセス
   都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分
   東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分
   東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分
   JR水道橋駅東口徒歩15分
   都バス(都02・都02乙・上69・上60)春日駅徒歩2分

チラシのダウンロードはこちら(表面裏面)から!!



logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

「東京朝鮮高校生裁判」って?三多摩の集い ~すべての高校生に「高校無償化」を!~ in 町田 & 立川

「東京朝鮮高校生裁判」って?三多摩の集い ~すべての高校生に「高校無償化」を!~ in 町田 & 立川

E4B889E5A49AE691A9E8A1A8.jpg 来る6月、立川町田朝鮮学校支援ネットワーク・ウリの会の主催で、「「東京朝鮮高校生裁判」って?三多摩の集い ~すべての高校生に「高校無償化」を!~」を、町田と立川で開催することになりました。

 高校生が原告になって裁判を起こした、ということはどういうことなのか?まずは知って考えて欲しい、そのことをみんなで受け止めよう、という趣旨です。

町田集会は休日の昼間、立川集会は平日夜です。どうぞご都合のつく方にご参加ください。

●開催の趣旨

 東京で、高校生たちが裁判を起こしていることをご存知ですか?東京朝鮮高級学校(北区十条)の生徒や卒業生62人が国を相手に、「高校無償化」制度から朝鮮高校が排除されていることが違法だとして国家賠償を請求しています。
 朝鮮高校生たちは、自分たちが毎日通う学校が何か異常なところであるかのように扱われ、国によって制度から排除されるという差別を受けてきました。尊厳を傷つけられた高校生たちが裁判の原告に立ったことを、わたしたちはどのように受け止め、何をすべきでしょうか。
 まずは朝鮮学校を知り、裁判について考える機会として、多摩地域の朝鮮学校がある立川と町田の2カ所で、集いを開催することにしました。朝鮮学校を知っている方もそうでない方も、ぜひご参加ください。

●「東京朝鮮高校生裁判」って?三多摩の集いin町田

講師:伊藤朝日太郎弁護士
日時:6月14日(土)14時~15時30分
会場:西東京朝鮮第二幼初級学校

町田市金森東1-17-1(TEL042-722-0051)
*検索すると「高ケ坂1165」と出る場合がありますが、これは間違いです。
JR横浜線町田駅北口、小田急線町田駅西口から徒歩20分(JR横浜線沿いに成瀬駅方向に進み、「市立中央図書館前」「三塚」交差点を直進、「南橋」で線路を横断)。町田駅前からは、バス停「町田バスセンター」9番乗り場(東急ツインズWESTとEASTの間の道路、WEST側)で乗車、「金森二丁目」あるいは「金森二丁目西」で下車、徒歩8分。

●「東京朝鮮高校生裁判」って?三多摩の集いin立川

講師:師岡康子弁護士(著書に『ヘイト・スピーチとは何か』岩波新書2013)
日時:6月19日(木)19時~20時30分
会場:たましんRISURUホール(立川市市民会館)第一会議室

立川市錦町3-3-20(TEL:042-526-1311)
http://www.risuru.hall-info.jp/access/
JR中央線立川駅南口より、徒歩15分。
JR南武線西国立駅より、徒歩10分。

●プログラム<両集会共通です>

・多摩地域の学校紹介映像
・「東京朝鮮高校生裁判」とは?(弁護団所属弁護士が解説)
・当事者の声
・主催より呼びかけ

●資料代:500円

●主催
立川町田朝鮮学校支援ネットワーク・ウリの会
watasitati2004@yahoo.co.jp




logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する板橋集会のお知らせ

☆「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する板橋集会☆
-なぜ朝鮮学校だけはずすの?下村さん それは差別です!-

 「高校授業料無償化」制度が2010年4月より実施されましたが、いまだに朝鮮学校だけは適用されていません。それは2013年2月20日、下村文科大臣による省令制定で朝鮮学校への不適用が正式に決定されてしまったからです。外国人学校・インターナショナルスクールも対象となる画期的な制度であるにもかかわらず、朝鮮学校だけはずすのは政府の特定の学校や民族に対する差別ではありませんか?

 そこで、板橋・練馬の市民が中心になって、下村文科大臣の地元である板橋区大山において、以下のとおり集会とデモを行うこととしましたので、多くの方のご参加をお願いします。

●日時 2014年5月31日(土)開会14:00(開場13:30)
                  *開会10分前くらいから、朝鮮学校の映像上映予定
●会場 板橋区立グリーンホール2階ホール
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002279.html

●内容
1.講演会「朝鮮学校がなぜあるのか 「無償化」排除の不当性」
   講師:佐野通夫さん(こども教育宝仙大学教授)

2.関係者からの発言
 ・生徒から
 ・保護者から
 ・学校関係者から
 ・地域から

3.これからのとりくみなど

*集会終了後大山駅近辺にてデモンストレーション予定

●資料代 500円

主催 「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する板橋集会実行委員会
      連絡先:090-3509-5441(加藤)・090-8312-4984(堀)
共催 「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会



logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」結成集会にご参加ください

「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」結成集会にご参加ください


 このたび、東京朝鮮高級学校(北区十条)の学生が原告となり、「高校無償化」からの朝鮮学校排除を問う裁判が提訴されることになりました。2010年以来、「高校無償化」から朝鮮高校が排除され、自治体の補助金が相次いで停止されるなど、朝鮮学校への差別が強まってきました。このような状況に対して、大阪、愛知、広島、福岡で朝鮮学校や学生を原告とする訴訟が提起されています。いよいよ東京でも裁判が始まります。

 これに合わせて、朝高生裁判を支援し、その意義を広く社会に訴え、「高校無償化」の適用や補助金の継続を勝ち取っていくために、「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」を結成することになりました。2月18日(火)には、結成集会を開催します。ぜひとも、ご支援ご協力をお願い申し上げます。

○「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」結成集会

 日時:2月18日(火)18時30分開会
 場所:文京区民センター3F 3-A会議室
 http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754

<プログラム>

 共同代表よりあいさつ
 「高校無償化」からの朝鮮学校排除問題の経緯
 東京朝高生裁判について解説
 当事者から発言
 大阪、愛知、広島、福岡からの連帯メッセージ
 連帯の挨拶
 裁判を支援する行動の提起

<チラシのダウンロード>

 結成集会のチラシは、こちら(表面裏面)からダウンロードしていただくことができます。
 ぜひご活用ください!
 


logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

東京朝鮮高校生の裁判を支援する会

mushokashien

Author:mushokashien

東京朝鮮高校生の裁判を支援する会のホームページです。会では個人・団体の会員を募集しています。会員募集の詳細についてはこちらをご確認ください。多くの方のご参加・お力添えをお願いいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
  • イベントのお知らせ (10)
  • 会からのお知らせ (16)
  • イベント実施報告 (5)
  • 裁判に関するお知らせ (28)
  • ヨンピル通信(東京朝鮮高校生裁判ニュース) (14)
  • 月別アーカイブ
    RSSリンクの表示
    リンク