東京朝鮮高校生裁判、始まる

東京朝鮮高校生裁判、始まる

20140222101410bf1 小


○ 東京朝鮮高校生裁判、始まる

2014年2月17日、東京朝鮮高校の生徒62名が国を提訴

 国が「高校無償化」制度から朝鮮学校を除外していることは違法として、東京朝鮮中高級学校(東京都北区)の高級部生徒ら62名が17日、国に損害賠償を求め東京地裁に提訴した。同種の裁判は、大阪、愛知、広島、福岡(小倉)に続き、五例目になる。

 今回の「東京朝鮮高校生就学支援金不支給国家賠償請求訴訟」の原告は、当校の高級部に在籍する生徒62名で、請求の内容は原告1人対し慰謝料10万円(合計620万円)の支払いを求める国家賠償請求。

 「高校無償化」制度は、当時与党であった民主党の目玉政策として2010年4月に施行されたが、他の民族学校やインターナショナルスクールに適用される一方、朝鮮学校だけは適用されなかった。2012年12月に成立した安倍政権は、朝鮮学校に適用されるはずであった法施行規則の条項(ハ)を削除し、朝鮮学校を不指定とした。

 このようなあからさまな差別に対し、様々な反対運動を行われているが、今回の裁判は直接の「被害者」である生徒たちが差別は許せないとして立ち上がったもの。

訴訟のポイント

 東京地裁に提訴後の記者会見で弁護団は、今回の訴訟のポイントして、

①就学支援金の受給資格、受給権は学校ではなく生徒にあること
②施行規則の(ハ)を削除したことは教育の機会均等という法の目的に反し、「高校無償化」法の委任の趣旨を逸脱していること
③ハ項削除の理由が、原告らの意志の及ばない政治的理由であること
④東京朝鮮中高級学校は指定の基準をすべて満たしているので就学支援金制度の対象として指定しなれければならないこと

などを上げた。

 弁護団の一員である李春熙(リチュニ)弁護士は記者会見で、「今回の裁判は生徒個々の権利の救済が最大の目的であるが、裁判を通して国の違法性が明らかになれば、民族教育の歴史の中でも意味のあるものになる」とコメントした。

*ニュースはこちらからダウンロードしていただくこともできます。



logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)
関連記事

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」結成集会は盛況のうちに終えることができました

「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」結成集会は盛況のうちに終えることができました

 「高校無償化」制度からの除外に対して、東京朝鮮高校の生徒たちによって提起された訴訟を受け、「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」結成集会が開催されました。結成集会は、会場がいっぱいになるほど多くの参加者を集め、大変な盛り上がりのうちに終えることができました。

・共同代表の田中宏さんによるあいさつ

028A2159.jpg

・共同代表の長谷川和男さんによるあいさつ

028A2193.jpg

・弁護団によるあいさつ

028A2220.jpg



logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)
関連記事

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」結成集会

「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」結成集会

・共同代表の田中宏さんによるあいさつ

028A2159.jpg


・共同代表の長谷川和男さんによるあいさつ

028A2193.jpg


・弁護団による裁判の解説

028A2209.jpg


・弁護団によるあいさつ

028A2220.jpg



logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)
関連記事

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

東京朝鮮高校生裁判 提訴

東京朝鮮高校生裁判 提訴

・東京地裁へ向かう弁護団と関係者

写真(2)


・東京地裁前に並ぶ弁護団と関係者

写真(3)


・弁護団による提訴後の記者会見

写真




logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)
関連記事

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」結成集会にご参加ください

「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」結成集会にご参加ください


 このたび、東京朝鮮高級学校(北区十条)の学生が原告となり、「高校無償化」からの朝鮮学校排除を問う裁判が提訴されることになりました。2010年以来、「高校無償化」から朝鮮高校が排除され、自治体の補助金が相次いで停止されるなど、朝鮮学校への差別が強まってきました。このような状況に対して、大阪、愛知、広島、福岡で朝鮮学校や学生を原告とする訴訟が提起されています。いよいよ東京でも裁判が始まります。

 これに合わせて、朝高生裁判を支援し、その意義を広く社会に訴え、「高校無償化」の適用や補助金の継続を勝ち取っていくために、「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」を結成することになりました。2月18日(火)には、結成集会を開催します。ぜひとも、ご支援ご協力をお願い申し上げます。

○「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」結成集会

 日時:2月18日(火)18時30分開会
 場所:文京区民センター3F 3-A会議室
 http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754

<プログラム>

 共同代表よりあいさつ
 「高校無償化」からの朝鮮学校排除問題の経緯
 東京朝高生裁判について解説
 当事者から発言
 大阪、愛知、広島、福岡からの連帯メッセージ
 連帯の挨拶
 裁判を支援する行動の提起

<チラシのダウンロード>

 結成集会のチラシは、こちら(表面裏面)からダウンロードしていただくことができます。
 ぜひご活用ください!
 


logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)
関連記事

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」にご入会ください

「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」にご入会ください


<加入のよびかけ>

~朝鮮高校生への差別を許してはならない~

 日本は教育に対する公費支出が少ないことで有名で、OECD31か国中の最下位です。2010年4月に始まった高校無償化制度は、その改善に資するもので、各種学校である外国人学校もその対象とされ、すでに39校が指定されました。しかし、朝鮮高校10校のみ先送りが続き、安倍内閣が登場すると、2013年2月、最終的に朝鮮高校が除外されました。

 下村文科大臣は、「拉致問題に進展がないこと、朝鮮総連との密接な関係にあり、教育内容、人事、財政にその影響が及んでいること」をその理由としました。ちょっと首をかしげたくなります。

 国連社会権規約委員会での日本報告審査でも、朝鮮高校除外が取り上げられ、日本政府代表は、下村大臣と同じ理由をあげて説明につとめました。2013年5月に公表された審査後の「総括所見」では、朝鮮高校除外は差別にあたり、朝鮮高校生にも就学支援金制度が適用されるよう要求する、と勧告されました。日本政府の弁明は、国連ではまったく通用しなかったのです。

 「朝鮮学校は、子どもたちに自分が誰であるかを教え、この地で朝鮮人として生きていく方法を教える唯一の学校です」(韓国・金明俊監督のメッセージ)。「生徒たちを政治的な人質として利用すれば、日本における朝鮮人差別をあおるだけです」(ジャパンタイムス社説)。ヘイトスピーチと朝鮮学校差別とが重なって見えるのです。問われているのは、日本の中で生きている子どもたちを等しく処遇できない、日本社会の姿勢なのです。
 朝鮮高校生への理不尽な差別を撤廃するには、いまや日本の司法に訴えるほかありません。すでに、大阪、愛知、広島、福岡でも始まっています。法廷の場に立つ決意をした東京朝高生を支えきることが日本の未来を切り拓くことと信じ、ここに力強い支援を広く呼びかけます。どうぞ、お力添えを!

2014年1月27日

共同代表
 阿部浩己(神奈川大学教授)
 坂元ひろ子(一橋大学特任教授)
 田中宏(外国人学校ネット代表)
 長谷川和男(「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会代表)

<会員募集要項>

東京朝鮮高校生の裁判を支援する会では、個人・団体の会員を募集しています。個人会員の名前等は公表しません。団体会員については「賛同団体」として公表させていただきます。会員になって裁判を支えてくださる方は、以下の連絡先まで

1、お名前・団体名
2、連絡先(住所とメールアドレス)

の2点をお知らせください。

・会費について

年間会費は、個人・団体ともに1口1,000円。可能ならば複数口お願いいたします。会計年度は1月~12月です。下記のゆうちょ銀行振替口座までお振り込みください。

00130-7-708271
口座名:朝高生裁判を支援する会・東京
ゆうちょ銀行以外から振込む場合は
〇一九店 当座 0708271

・ニュースについて

会員にはニュースを送付します。送付の方法は、原則としてEメールとなります。メールアドレスをお持ちでない方には郵送します。ご不明の点は、下記の連絡先までお問い合わせください。

*チラシはこちら()からダウンロードできます。

東京朝鮮高校生の裁判を支援する会
mushokashien@yahoo.co.jp
TEL:080−3930−4971
FAX:03−3819ー0467
http://mushokashien.blog.fc2.com
 
 
関連記事

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

東京朝鮮高校生の裁判を支援する会

mushokashien

Author:mushokashien

東京朝鮮高校生の裁判を支援する会のホームページです。会では個人・団体の会員を募集しています。会員募集の詳細についてはこちらをご確認ください。多くの方のご参加・お力添えをお願いいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
  • イベントのお知らせ (10)
  • 会からのお知らせ (16)
  • イベント実施報告 (5)
  • 裁判に関するお知らせ (32)
  • ヨンピル通信(東京朝鮮高校生裁判ニュース) (15)
  • 月別アーカイブ
    RSSリンクの表示
    リンク