文科省の内部資料提出されず  国側(被告)が宿題をしてこなかったのは二度目!

文科省の内部資料提出されず
国側(被告)が宿題をしてこなかったのは二度目!


● 第10回口頭弁論

 5月25日(水)午前11時から第10回口頭弁論が行われました。この日は東京朝鮮中高級学校の休校日で、一年生から三年生までの生徒全員と教職員、それに支援の人たちの総勢674 人が、傍聴券を求めて並びました。会場は前回と同じ103号法廷で、97席の多くが生徒たちで埋まりました。

 最初に裁判長から裁判体が変わったこと(裁判官の交代)の説明があり、原告側書証(甲79号証)の確認をして、10分ほどで終了しました。原告(高校生側)から被告(国側)に求めていた文科省の内部資料は提出されていず、次回に持ち越されました。今後は、6月末までに出されるはずの国側の開示を踏まえて高校生側が書面を作成し、次回口頭弁論に臨みます。

● 報告集会

 衆議院第1議員会館国際会議室で行われた「報告集会」は、弁護団の報告から始まりました。当初全員女性だった三人の裁判官が全員男性に替わったことが、判決にどのような影響を与えるかについては不明という感想が述べられ、続いて原告側が提出した安達和志教授意見書(甲79号証)について説明がありました。安達和志神奈川大学大学院法務研究科教授は行政法と教育法が専門なので、この両面から国側の矛盾点を指摘すると共に、「高校無償化法」についてしっかりとした説明がなされている。裁判官の精査に期待したいという報告でした。

 このあと、「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」共同代表の田中宏さんから発言がありました。3月29日に文部科学大臣名で出された「通知」には大きな欠陥・錯誤があるというのが一点目、高校無償化から朝鮮高校を除外しているのは“超法規”の連続、つまり法を無視して勝手なことをやっている、というのが二点目でした。続いて弁護団の一人、師岡康子さんから、5月24日に可決した「ヘイトスピーチ対策法」について説明がありました。この法は、ヘイトスピーチを許さないという趣旨で一定の意味があるが、禁止するまでには至っていない、今後、国や自治体、警察を動かすために行動していきたいので協力をお願いしたいと提起されました。
 
 引き続き朝鮮高校生各学年代表の三人と、卒業生(現朝鮮大学校生)が発言。朝鮮人が朝鮮学校に通うのがなぜ悪いのか理解できない、文科省前行動でも壁に向かってアピールしているような気がする、通行人の目が冷たい、未来が明るいかどうか分からないが、明るい未来を作りたいという内容でした。四人に共通していることは、日本と朝鮮を繋げる役割を担いたい、闘いを支援する多くの日本人がいるので心強いという点です。

 次にオモニ会代表から、闘い抜くには連帯が必要、今後はもっと気を引き締めて進み、勝利して一緒に笑いたい、というアピールがあり、最後は、校長先生からの、学校の財政状態が非常に苦しい、国対国の関係を有利にするために生徒を犠牲にしているのは納得できない、しかし若い世代は日本の若い世代と手を取り合っていけると信じている、という発言で、報告会が締めくくられました。

次回の口頭弁論は2016年8月31日(水)11時から103号法廷で行われます。暑さが予想されますが、多くの方の参加をお願いします。



logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)
関連記事

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

裁判傍聴にお集まりください!

裁判傍聴にお集まりください!


スライド1

●第10回口頭弁論

日時:2016年5月25日(水) 11:00開廷
場所:東京地方裁判所103号法廷
*傍聴券の抽選がありますので、10時15分までに集合をお願いします。(抽選は10時30分からです)


●東京朝鮮高校生「無償化」裁判 ミニ学習会

日時:2016年5月25日(水)11時〜11時30分
場所:衆議院第1議員会館 国際会議室


●第10回口頭弁論 報告会

日時:2016年5月25日(水)11時30分〜13時(予定)
場所:衆議院第1議員会館 国際会議室
 
 
ぜひともひとりでも多くの方にお越しいただけるよう、お力添えをいただければありがたいです。よろしくお願いいたします。

*チラシのダウンロードはこちら()からどうぞ!



logo.jpg <会員募集のお知らせ>

 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」では、会員(個人・団体)を募集しています。

 会の活動には、ミーティングやイベント開催のための会場使用料、チラシやパンフレットの作成費用、事務経費や郵送料など、さまざまな費用がかかります。
 活発に活動を継続し、裁判を支援していくためにも、ぜひともお力添えをいただければと思います。

 年間の会費は1口1,000円です。なお、会員のみなさまには裁判や会の活動に関するニュースを送付させていただきます。

 (申込方法など、会員募集に関する詳細はこちらをご確認ください。)
関連記事

テーマ : 高校生
ジャンル : 学校・教育

東京朝鮮高校生の裁判を支援する会

mushokashien

Author:mushokashien

東京朝鮮高校生の裁判を支援する会のホームページです。会では個人・団体の会員を募集しています。会員募集の詳細についてはこちらをご確認ください。多くの方のご参加・お力添えをお願いいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
  • イベントのお知らせ (11)
  • 会からのお知らせ (16)
  • イベント実施報告 (6)
  • 裁判に関するお知らせ (33)
  • ヨンピル通信(東京朝鮮高校生裁判ニュース) (15)
  • 月別アーカイブ
    RSSリンクの表示
    リンク